京都土産で有名な「阿闍梨餅」(あじゃりもち)を食べた感想、レポートだよ!

京都駅で有名な京都土産「阿闍梨餅」(あじゃりもち)を買いました。

とても読めない文字ですが創業は安政3年(1856年)というから約160年作り続けてきていますよね。

ただこのお菓子に関しては大正時代から作っています。
比叡山で修業するお坊さんの阿闍梨から名前を頂いたそうです。

このお菓子は、満月(株)の職人さんが作っていて、京都駅では売上1番で売り切れになるそうです。

京都と言えば生八つ橋も有名ですが、それ以上に人気があってなかなか買えないと聞きました。(場所によるかもしれないけど)

半分に切ってみました。餡は粒あんです。

まず味ですね。

食べます。

甘いです。

私はもうホンの少し甘さを抑えたほうが好きです。
(職人さんごめんなさい)

そして皮がものすごい「もちもちです」。

このもちもち感は初めての感覚です。
ここが人気の秘密だと確信しました。
もちろん美味しいです。

袋の説明文を見ていると
冬に固くなったらトーストしたり天ぷらにするも
格別の味が楽しめると書いてありました。

阿闍梨餅 賞味期限は4日でした。
と言うことは消費期限はまだまだありますね。
でも早めに食べたほうがもちろん美味しいですねぇ。

直径は約6センチ、厚さは約2センチです。重さは忘れて測っていません。

全体的に小さいのでこれ1つではお腹が満足しません(>_<)。

美味しい!でも食べ過ぎたら太る、複雑な気持ちですね。

これに似たお菓子に夫婦まんじゅう、大判焼き、今川焼き、とかありますが、サイズが違うし、モチモチ感が全く違いますね。

それより広島のお土産「桐葉菓(とうようか)」の方が、
阿闍梨餅(あじゃりもち)によく似ていて「もっちもっち」感ありますね。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
美容大国韓国で爆売れ!
理想のスタイルを目指すあなたを応援するサプリメント。




初回購入者限定特典!
送料無料、30日間全額返金保証あり。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする