あがり症を治したいあなた!対策教えますね。ぜひお試しを 


あがり症の人は悩みは深刻ですからね。
他人が羨ましく思えますね。

職場で、買い物などで、言いたいことがあるのに十分力を出せなくて、
悔しい思いをして、情けなくなります。

落ち込んで小さくなっちゃいますね。
私もそうですが、強い人間に産んで欲しかった(汗)

チェック≫≫あがり症を克服する本を見てみる(楽天ブックス)

そこでテレビ等で放映された
あがり症を治すとっておきの魔法の方法

まとめてみましたので、
参考にされてね。

●ハーバード大学式呼吸法

①4秒かけて鼻から空気を吸い込む。
②4秒間息を止める。
③8秒かけて口から息を少しずつ出す。
これを4回繰り返す.

これは毛細血管を緩めて、
血流をよくする方法です。

結果的に副交感神経を働かせて気分がリラックスできます。

●レジェンドブレス

①鼻から息を一杯吸い込む。
②さらに息を吸い込んで
③5秒息を止める。
④歯の隙間からゆっくり息を出す。

これでトータル15秒でストレス、解消だといいます。

葛西 紀明(かさい のりあき )さんが実行している方法です。
葛西さんはオリンピック選手で銀メダルを獲得しましたね。
滑る前にこれをして落ち着かせていました。

●自分に「大丈夫だ うまくいく」と声を出す。

スポーツ選手がよくやっている方法ですね。
心で思うのではなくて声に出すのが重要ですよ。

※場面、場所にもよりますが、その場に適した言葉でも良いかもしれません。

例えば
・職場での発表では「皆に喜んでもらえそう」とか
・お店に入る時は「いい匂い、美味しそう」とか

●爪の生え際を少し押す。

ここはあがり症 のツボなんですね。
やや強めに押しますので少し痛いぐらいですね。

右手、左手、両手をしますが、左右の薬指だけはしないでください。
(逆に交感神経が活発になって反リラックス状態になります)

左右の各指を10~30秒づつを1日に2、3回します。

これは交感神経を抑えて、
副交感神経を活発にさせると、気持ちが穏やかに、リラックスできます。

●左の薬指を 握って⇔緩める を繰り返す方法。

①右手で左の薬指だけを1秒握る。
②握った指を離す(緩める)。
③再度左の薬指だけを1秒握る。

後はこれの繰り返しを1分間続ける。
あまり強く握りません。

これも発表する時なら直前にしてね。

これは
関衝(かんしょう)というツボと、
液門(えきもん)というツボを結ぶ

三焦経(さんしょうけい)と言う経路(けいろ)
を刺激して緊張を和らげて、気持ちを落ち着かせるものです。

いかがでしたか?どれも簡単ですから試してみてね。

●追伸 苦しみからサヨナラできる強力な助っ人。。

トレーニング開始から5分~60分程度で「あがり症」の改善を目指す。とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

あがり症改善プログラム~1日たった15分程度!極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~