ミツカン 八方だしは ホントに一流の料理人が認めた味なの?口コミは?

ミツカンは味にこだわってる一流の料理人に合格点をもらった、
「八方(はっぽう)だし」を2018年2月に発売しました。

こだわりの新しいブランドは「一と書いてピン印」となっています。

あなたの普段の料理を、さらに料理人並みの最高の味にしたい!

そんな思いで開発された「だし・ツユ」ですね。

今回は口コミを中心に調べてみました。

●ミツカン 八方だし(1L) 特徴は

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミツカン 八方だし(1L)【ミツカン】
価格:798円(税込、送料別) (2018/6/15時点)


味にこだわった秘密はどこにあるでしょうか?

♥かつおダシを基本にして
しょうゆ(本醸造)、砂糖、食塩、こんぶエキス、魚介エキス、醸造酢などから作られています。

♥保存料は使用していません。
安心して料理に使えますね。

♥これ一本で煮物、めんつゆ、鍋物、炊き込みご飯等幅広く使えます。

♥日本産ですから安心感がありますね。

●ミツカン 八方だし(1L) 口コミ、評判は

・期待通り
深い味の美味しいだしで重宝しています。親子丼、豚丼、牛丼、ほんとにこれ一本で足ります。
ですが持ち易いとは言えず冷蔵庫への収納がイマイチに思います。

・美味しい
最初普通の鰹だしや昆布だしをイメージしていたけど少し違いました。
濃い白だし+薄口醤油のように感じました。

だし巻き卵、茶碗蒸し、うどんのおつゆに使っても、お醤油の色は全然気になりませんでした。

・活躍
早速アボカドと一緒に頂いてます。少量でもしっかりした味です。
思った以上に濃いので、1リットル入りはすぐに無くなりません。

これから夏は冷たい麺やサラダに活躍しそうです。
ただ容器が厚いので冷蔵庫ドアの限られたところしか置けず、すぐ出せるところに置きたいです。

・お味は
普段使っている同類の商品に比べると、濃くて甘さが勝っている感じです。
調整にはまだコツがいるかなと思いました。

・美味しいです。
鰹がきいて美味しいだしです。これから暑い季節には麺のつゆとして活躍しそうです。
容器がもう少し小さければ持ちやすくて料理の際に使いやすいです。

皆さん評価は高いですね。
全体的にやや甘口な印象でしたね。まぁ個人の好みですが、、

後は容器の奥行が大きめで、冷蔵庫の扉の手前に置きたいけど置きづらい声がありましたね。

●さいごに

あなたの手料理で最高の味を楽しんでみてね。
笑顔がこぼれて癒されますね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする