澤井コーヒーがコーヒーの葉から作ったトリゴネコーヒー茶を新発売

澤井珈琲(さわいコーヒー)(鳥取県境港市)は、
通販でコーヒーを積極的に販売していますね。


ところが今回コーヒーの葉から作った「トリゴネコーヒー茶」を、
2018年12月に新発売することになりました。

どのようなお茶なのか気になりますね。
そこで深堀しましたよ。

●「トリゴネコーヒー茶」開発のきっかけは?

熱帯地方でコーヒーは栽培されていますが、
現地の人々は葉をボイルして飲んでいる。

という記事を読んだ澤井専務は
日本でも作れないか?
考えました。

そしてついに無農薬のコーヒーの葉を焙煎して
カフェインを10分の1に減らすことにも成功して
発売へとこぎつけました。

●もともと澤井コーヒーには23,000本の

コーヒーの木がありました。
もちろんハウス栽培で品種はアラビカですね。
本州ではNo.1の本数ですから驚きました。

●「トリゴネコーヒー茶」の効果は?

富山大学、鳥取県産業技術センターなどに、
葉の成分を調べてもらったところ、

「トリゴネリン」と「マンギフェリン」
と言う成分が含まれている事が分かりました。

♥「トリゴネリン」効果

・脳細胞が活性化する。

じゃぁ頭がスッキリして記憶力がアップして成績上がりますよね。
他にも高齢者など認知予防にはいいいですね。

♥「マンギフェリン」(ポリフェノールの一種)効果

・肥満抑止

・肝臓を守る

しかもこの成分はコーヒー豆には、含まれていないとの事。
いやいやこれは凄いですね。

ダイエットとかお酒を飲む人には気になりますね。

●さてさて気になる発売日と値段は?

発売日は2018年12月予定です。

値段はティーバッグ15個入りで1,620円です。

●追伸

健康に良いなら試してみたくなりますね。
コーヒーの味、香りはするのかね?

興味がわきますね。
ぜひ飲んでみてはどうでしょうか。

なお将来はペットボトルの販売もしたいとの事。
期待できますね。