【朗報】深紫外線222nmが新型コロナウイルスを不活化して除菌!人には無害

新型コロナの感染者が増え続けています。

日本では遺伝子ワクチン予防接種は、
今年の3月4月頃になりそうですね。

そこで今、注目されているのが、
UV-C(深紫外線)波長222nm(ナノメートル)ですね。

この深紫外線222nm が、
ウイルスを不活化して、
増殖を抑えることが確認されています。

※不活化とは
細胞分裂の機能が止まって増殖を防ぎます。

詳しくは記事を読んでみてね。


♥ライト面が広く効率良いですね

♥UV-C(深紫外線)波長222nmが新型コロナに有効

波長222nm(ナノメートル)の、
深紫外線を30秒当てると、

新型コロナウイルスの99.7%が不活化、
したそうです。

しかも目や皮膚に優しく
無害という凄い波長ですね。

とても期待できる方法ですね。

♥商品化されていますか

そんな優れた商品なら欲しくなりますよね。

このUV-C(深紫外線)波長222nmを
探してみましたが
見つかりませんでした。

いずれLED化されて発売されると思います。

あったのは
同じUV-C(深紫外線)でも、

波長254nmあたりの、
商品が沢山販売されていました。


♥深紫外線 除菌ライトを集めてみました(楽天)

♥ 紫外線の種類と特徴

太陽光に含まれる紫外線で、
短い光で肉眼では見えません。

<長い波長の方から>

・UV-A 波長 315nm~400nm(ナノメートル)地上に届く

・UV-B 波長280nm~315nm 地上に届く
  実際に商品化され、
  使われていて殺菌効果があるが、

  体に当たると、
  白内障,皮膚癌になりやすい。

・UV-C(深紫外線) 波長100nm~280nm
  オゾン層に吸収されて、
地上にはほとんど届かない。

※100nm~200nmを真空紫外線と呼ぶ事もある。

・UV-D(極遠紫外線)波長10~100nm

※nm(ナノメートル)とは
 10億分の1です

♥深紫外線と紫外線の違い

上記より紫外線は波長によって、
4つに分けましたね。

その内の1つの深紫外線が、
新型コロナ対策で注目を集めていますね。

♥深紫外線(UV-C)の長所、短所

深紫外線は実際に商品化されています。
深紫外線の波長254nm辺が商品化されていて、

DNA、RNAに吸収されやすいために、
DNA、RNAの構造を壊して、

細菌やウイルスを不活化して、
増殖できないようなりました。

結果、消毒殺菌効果を発揮してきました。


すでに飲料水の殺菌、空気の浄化、
イチゴのうどん粉病予防
などに使われています。

しかしこのように殺菌、除菌効果があっても、
皮膚や目に当たると良くありません。

皮膚癌になったり白内障になったり、
不安もあります。

まぁ普通に外で太陽に当たると、
日焼けしたり、皮膚が荒れてきますね。

同じ事ですよね。

♥深紫外線人体への影響(安全性)

いま販売されている深紫外線は
体に当てると良くないと説明してきましたが、
(商品説明には周波数と、
 体に当てないように書いてありますね)

しかし同じUV-C(深紫外線)でも
波長200nm ~230nmは体に当たっても、
安全性が確認されています。

(まだこの周波数の商品は販売されていないようです)
(これは早く販売して欲しいですね。)

まとめ

遺伝子ワクチンは安全性に不安があるし,
この深紫外線 222nm は体に悪い影響がないです。

これからは職場, 電車,お店,食品工場,娯楽施設,家庭,等
人がたくさん集まる所で浴びながら,
生活をする事になりそうです 。

♥箱に入れたり、蓋を持っていろんな物を殺菌します


最後まで読んで頂いて有難うございます。