国産の赤ちゃん液体ミルクがやっと販売開始になった。ママは助かるよね。

日本初の液体ミルクが江崎グリコから
「アイクレオ赤ちゃんミルク」

という商品名で2019年3月11日よりやっとついに発売になりました。

この乳幼児用の液体ミルクは、母乳の成分に似せた乳製品です。
粉ミルクと違い湯で溶かす必要がありません。

だから簡単で楽で時間短縮になりますね(^O^)

♥「アイクレオ赤ちゃんミルク」特徴は?

・常温で6ヶ月保存できます。
・開封すると雑菌が繁殖するので、早く飲ませるほうが良いです。
 飲み残したら捨てましょうね。

♥こんな良いことが。

・これがあれば母乳の出が悪いママや、外出時にとっても助かりますよね。
・災害時に湯がない時には重宝しますよ。
・避難袋に入れて置いた方が良さそう。

♥発売が遅くなった理由は?

・以前に粉ミルクの事故があって、品質には神経質になっていました。
・今後少子化に向かって発売しても、利益が出せるか不安があった。

・ですが災害時には貴重な液体ミルクで、背中を押されて発売になった感じですね。

♥価格は?

希望小売価格は紙パック(125ml)で1個216円。
粉ミルクで同量のミルクを作るのに比べて、約4倍高くなるといいます。

♥追伸

少し値段が割高になりますが、安全性には問題ありません。
粉ミルクと液体ミルクと両方使いながら、うまく利用したら良いですね。

♥追追伸

明治も3月13日に発売予定です。

最後まで読んで頂いて有難うございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする